自動車の運転について思うこと

地方では、日常生活の移動に車の運転は欠かせません。かなり高齢の方たちも男性・ 女性を問わず運転をしています。近頃では、スーパーや病院、コンビニの駐車場など でアクセルとブレーキの操作を間違えて店舗に突っ込んでしまったというような ニュースをよく耳にしますが、自宅近所のコンビニでも同じことがありましたし、近 くの踏切でも高齢のドライバーが遮断している踏切に突っ込んでしまったという事故 もありました。 また、お年寄りの歩行者などが、赤信号のときにゆったりと渡っていたり、ふらふら と自転車をこぎながら道路の中央によって来たりして、ヒヤリとする場面に出くわす こともあります。   このような現場を目撃したり、ニュースを聞いたりすると、どんなにこちらが交通 ルールを守り安全運転を心がけたとしても、事故に巻き込まれないという保証はない し、さらに加害者になってしまうかもしれないとい恐怖を感じることもあります。地 方では、交通の便が良くないため、若者からお年寄りまでスーパーや病院へ出かける ときでも車は欠かせません。特に、体力のない高齢の方々にとっては、運転に多少の 不安があったとしても、自ら運転免許を返納する決断はとても勇気がいると思いま す。   そこで、高齢化しているドライバーの方たちが、もっと安全に運転を楽しみ、いつま でも自由に自分の好きな所へ出かけられるように、自動車の技術と免許更新の制度面 を充実させて欲しいと思っています。自動車の技術面でいえば、「自動ブレーキ搭 載」の車は、とても安全面で魅力的です。高齢ドライバーの運転免許の更新の際に、 多少不安要素のある高齢ドライバーには、運転条件として「自動ブレーキ搭載」の車 ならば許可するというような条件付きの更新を可能にするという方法はどうでしょう か。「自動ブレーキ搭載」の車というと多少高額な印象はありますが、せっかく開発 されている「ぶつからない車」の技術を社会で利用しないのは非常にもったいないこ とです。   費用の面は、「自動ブレーキ搭載」の車の買い替えの場合、国や自治体が一部を補助 金として支給するなどの対策をすることで、運転には多少不安があるけれど返納はま だしたくないという方たちへの選択肢は広がると思いますし、何よりも高齢ドライ バーの事故は確実に減るでしょう。低燃費使用車の購入の促進と同じように、社会に とって良いものはどんどん国や自治体が率先して購入の後押しをして欲しいと考えま す。高齢ドライバーに限らず、運転に自信のない人たちも、運転の未熟さを先端技術 がカバーしていくことで、もっともっとより良い車社会を楽しむことができると思い ます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加